epimia   

医療、癒しの女神と言われる『エピオネ』と、医療の神『ミアフ』から、二文字ずついただき『epimia(エピミア)』と名づけました。

自分自身で心のケアをし、未病のうちに自分の変化に気づき、お薬にたよらずに体をケアをすることを目指しています。

自然のチカラで心と体のセルフケア

『自分のからだは自分でつくる』をモットーに、心を整えて、免疫力や自然治癒力を上げるサポートをさせていただきます。自ら癒す意志を持って、元気にトシを重ねられるお手伝いをさせてください。

世の中にはくつろがせてくれる空間や、癒してくれる人、たくさん元気をもらえるところがあります。しかし、普通の生活に戻ってしまえば、遅かれ早かれ、また同じ不調に悩まされてしまいがちです。

たとえばマッサージは、施術していただいた後はスッキリしてとても気持ちがいいものです。でも、体もポカポカいい感じだったのに、仕事で一日中パソコンに向かい、2日後には元通りのカチカチ状態。

たとえばカウンセリングは、心地よいカウンセリングルームで、丁寧にお話を聞いてくださるやさしいカウンセラーさんと向き合った後、心が軽くなってやる気もわいてきます。しかし、仕事に追われ一度でも上司にミスを注意されたりしてしまえば、一日でそのやる気はしぼんでしまう。

思い当たるかも・・そんな方も多いのではないでしょうか。

だれかにたよったりお願いすることも時には必要ですが、まずは自分で何かできないかを考えてみませんか?自分でストレスを解消する方法を持ったり、この不調の原因はこれかもしれないと考えたり、小さな体の変化にも気づけるように注意を向けてみたり・・人間には自然治癒力・自己治癒力があるということを思い出してください。擦りむいた傷など、なにもしなくて治るのは自己治癒力です。だれでも持っているのですから、それを生かす方法をぜひ知ってほしいと思います。

自然治癒力は、遺伝をのぞくと、環境や生活、心の状態が体に大きく作用します。病院に行けば、その症状を抑えるお薬を処方されたり、治療をしてもらえますが、その前に、まずは原因を癒し、本来持っている自然治癒力を高めて、病気になる前に抑えることが理想だと思うのです。

epimiaのメニューは、自分を知り、心をフラットにし、心も体も元気でいられることを目指すものです。心は体の状態に大きく影響をあたえるので、体が元気でいるためには、心が元気なことは絶対条件だと考えるからです。

ストレスがたまったり、心が沈んでしまうことは誰にでもあることですが、それを長い間ケアせず放置してしまうと、体にも悪い影響を及ぼします。まずは心のケアのためにフラワーエッセンスを、ケアが間に合わず体にも変化があった場合は、病名がつく前の未病のうちに、シュスラー塩でケアする、その方法をぜひたくさんの方に知っていただきたいと思っております。

現代医療を否定するものではなく、病名がついたらもちろんお医者様に診ていただき、手術や投薬も必要な場合もあると思います。そうなる前に、最大限ご自分の自己治癒力を信じてみてほしいと思います。フラワーエッセンスは医学的な根拠に基づくものではありませんし、シュスラー博士の論文も、生物や病理学の機能に関する科学的知見とは矛盾しているところがあります。しかしどちらも、穏やかな治療法として、欧米諸国では広く支持され普及しています。現在の科学や論理では説明できなくとも、実際に変化を体感している人が多く存在するということだと思います。

いまご家庭にあるくすり箱を、自然のくすり箱に置きかえてみませんか?フラワーエッセンスで心を穏やかな状態に保ち、シュスラー塩で体を整えることにより、健康な毎日を手に入れられるサポートをさせていただきます。だれかにまかせするのではなく、ご自身で心をフラットにし、そしてご自分の体をケアし、「自分の体は自分でつくる』を実践できるようお手伝いをさせてください。

epimiaでは、『自然のくすり箱』というメール講座と、フラワーエッセンスセッションをご用意しております。メール講座には植物編とミネラル編がありますが、植物編はフラワーエッセンスについて、ミネラル編はシュスラー塩についての講座です。キットもついておりますので、どちらも受け取ったその時から生活にとりいれられます。